個々の女性が放つ体臭と 香りの関連性

秘密の脇の下

女性の体でいちばんセクシーなのは、どうやら腋の下らしいのだ。 腋の下というのは ― ロマンスやセックスを論じるときには、ふつう思い浮かべないが、実はセクシーな部分である。 というのも、 肉体のなかでフェロモンが豊富に生成される場所だからだ。 フェロモンを生成するアポクリン腺が多数ある腋の下は、 セックス、恋、そして性愛において重要な役割を担っている


19世紀の詩人、シャルル・ボードレールは、「霊魂はエロティックな汗に宿る」 と書いている。
これが、無味無臭のフェロモンのなせるわざなのだろうか?

フェロモンのもとは体内で作られるステロイドと考えられている。 このステロイドが皮膚に流出すると、代謝による変換でフェロモンとなる。 最も強力なフェロモン生成の場は、鼠頸部=そけいぶ(生殖器周辺)、 腋窩=えきか(わきの下のくぼみ)にある。



掲載情報は、すべて、出版社に許可を得ています。 「草思社」様、ご協力に感謝いたします!